« 大間のマグロ | トップページ | 紅葉狩り »

吉岡海底駅

yoshioka 青函トンネルの、吉岡海底駅の見学に行ってまいりました!

青森駅から白鳥71号に乗って到着すると、係員さんが待っていました。この方の案内で1時間半、見学して回ります。(見学整理券がないと下車できませんので注意!)駅って言うくらいだから、地下鉄のホームのようなものがあるのかと思っていたら、トンネルに横穴が開いているだけのところでした。

トンネル内は、通年で平均18~19℃、湿度90%だそうで、青森市内よりずっと暖かでしたよ(^^;)(ちなみに今朝の青森は13℃でした)


panel 下車するとまず目に飛び込んで来るのが、色々なメモリアルボードなのです。千代の富士の名前がありますねぇ~おやおや…北海道で有名な議員さんのお名前もありますね(^^;)






tunnnel トンネルの設計が始まった当初から、将来新幹線が通る事を考えて作られているそうです。
現在は、狭軌のレールしか敷いてありませんが、標準軌と呼ばれる新幹線用のレールも敷く準備が開業当時からされていて、ついに間もなく着工するようです。(なので、3月位にはこの見学コースもやめて工事に使うようですよ~。まだの方はお早めに!!)

10年後の開通を目指して頑張っているようです。

今回見学して分かった事は、安全を守るために、火事になった場合、停電になった場合…と緊急事態を想定して、色んな準備がしてあるって事でした。そうですよね~このトンネルの上は津軽海峡なんですからぁ~~!!

tunnnel2 見学コースは、作業坑と呼ばれるところにあるのですが、迷路のようになっているので、係員さんとはぐれたら元に戻れなさそうです(^^;)
万が一はぐれて「助けて~~」と叫んでも、本坑との間に連絡誘導路と言うのが36本掘ってあって、そこで声が反響してしまって、どこに居るのか分からないらしいです(^^;)怖いですねぇ~~。実際、8時間迷子になっていた方も過去にはいるそうです。怖いよ~~~。

見学が終わって…ベタな話ですが、『プロジェクトX』がまた見たくなってしまいました(^^;)

|

« 大間のマグロ | トップページ | 紅葉狩り »

「青森」カテゴリの記事

コメント

こんなところで8時間も彷徨ったんですか…(ーー;)
キノコ採りで遭難するより恐そうですネ。

投稿: みちのく温泉マン | 2005年10月30日 (日) 18時21分

みちのく温泉マンさん
私だったら、耐えられません(^^;)

投稿: やっこ | 2005年10月30日 (日) 18時32分

竜飛岬にある青函トンネル記念館で体験坑道したことありますが海底駅に行ったことが無いので羨ましいです!

投稿: GT-march | 2005年10月30日 (日) 20時28分

GT-marchさん
本当は、竜飛に行きたかったのですが、青森~竜飛~青森ってコースは無いんですよ。車で行くと、トンネル記念館には入れるけれども、駅には入れないと聞いたので、仕方なく吉岡海底駅にしました。

投稿: やっこ | 2005年10月30日 (日) 23時23分

私も竜飛側記念館の坑道体感したのですが、消化不良。私も海底駅ツアーに行きたい!
プロジェクトX見て感動して行った口です。

投稿: 1207Blue | 2005年10月31日 (月) 22時21分

1207Blueさん
早く行かないと、また工事用に使用開始になっちゃいますよ~~!!

投稿: やっこ | 2005年10月31日 (月) 23時34分

わたしも行ってみよう!!
しかしメモリアルボード?怖いですね。。。
行ったときは決して迷子にならないように気をつけます^^;

投稿: やぎちゃん☆ | 2005年11月 1日 (火) 18時09分

やぎちゃん☆
係員さんの後をしっかりくっついて行って下さいね!!
迷子になったら大変!!トンネル内は、どこも似たような景色なので、気をつけて下さいね☆

投稿: やっこ | 2005年11月 1日 (火) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129345/6755264

この記事へのトラックバック一覧です: 吉岡海底駅:

» 冒険が足りないと、いい大人になれないよ。(青函トンネル内) [boko-a-boko]
スーパー白鳥で使用されているJR北海道自慢の789系には、先頭車両・最後尾車両正面中央に覗き穴があって青函トンネルを時速140kmで爆走する様子を観察することが出来ます。 写真は吉岡海底駅に停車した際、最後尾車両から撮影したものです。 ちょうど反対側を貨物列車が通過していく様子を納めることが出来ました。 幻想的{/star/}でしょ?... [続きを読む]

受信: 2005年11月 4日 (金) 23時57分

« 大間のマグロ | トップページ | 紅葉狩り »