« さようなら蜃気楼ダイヤ | トップページ | いか墨カスター »

青森県立美術館見学会

museum3 三内丸山遺跡の隣に建設中の県立美術館の見学会があったので、行って来ました。

建物はもうすっかりできあがっているのですが、美術館と言うのは建材のコンクリートからわずかに放出されるアルカリ性の物質が、長い目で見ると美術品に悪影響を与えるので、物質が中和されるまで美術品を入れることが出来ないそうです。

とても広い建物で、入口が7個あるそうです。今日は6番の入口から入場。どこの入口にも、このどっからみてもアイアイ傘のシンボルマークのネオンサインがついているそうですよ☆

museum1 このエレベーターに乗って、地下2階まで降ります。

美術館中にあるロゴマーク(シンボルマークも)は、この美術館のために菊池敦己さんという人がデザインしたそうで、すべて直線と45度の線でできているそうです。これもアートな雰囲気を醸し出しています。


museum2 このお部屋には、棟方志功の作品が飾られるそうです。志功館には飾れないような、大きな作品を飾る予定だそうですよ!!

天井も、壁も、床も全て白いお部屋です。(全て白と言うのは、作品に影響を与えるものが無いので、現代美術を展示するのに理想の空間とされているそうです)


museum4 この美術館を設計した青木淳さんは、三内丸山遺跡の発掘現場のトレンチ(壕)の上から、白い建物を覆い被せたというイメージをしているので、このように、真っ白ではなく、土(三和土)が見えているお部屋もあります。そして、ちょっと写真では分かり辛いのですが、この奥の壁のように、「被せた」と言う事が分かるように、壁が浮いている部分もあります。面白いですね~。

こういう設計のため、建物が迷路のようでした(^^;)案内役の学芸員さんナシでは歩けません(^^;)

aomoriken そして、この美術館のシンボルのような奈良美智さんの『あおもり犬』!!かわいいですね☆
この美術館には、奈良さんのほか、ウルトラマンのデザインをした成田亨さんのウルトラマンやカネゴンのデザイン画なんかも展示される予定だそうです。

市民の為の貸し出しギャラリースペースや、ワークショップなんかもあって、ここでどんな創作活動が展開されるのか夢が膨らみますね(*^_^*)

2006年7月13日OPENです☆

|

« さようなら蜃気楼ダイヤ | トップページ | いか墨カスター »

「青森」カテゴリの記事

コメント

まだ時遊館にしか行ってません^^;
ここが出来たら遺跡といっしょに見に行きますヨ(^_-)
…それまで青森にいるか!どうか?…

投稿: みちのく温泉マン | 2005年11月28日 (月) 19時22分

みちのく温泉マンさん
あらら??まだ遺跡見てないんですか?!ダメじゃないですか(^^;)
来年7月!!果たして温泉マンさんは、青森に居るのでしょうか…次は何処へ???

投稿: やっこ | 2005年11月28日 (月) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129345/7363193

この記事へのトラックバック一覧です: 青森県立美術館見学会:

» 三内丸山遺跡(青森県) [ブログで情報収集!Blog-Headline/travel]
「三内丸山遺跡(青森県)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました... [続きを読む]

受信: 2005年12月 6日 (火) 00時14分

« さようなら蜃気楼ダイヤ | トップページ | いか墨カスター »